診療案内

義歯(入れ歯 )

義歯(入れ歯 )

合わない入れ歯でガマンしていませんか?

合わない入れ歯のまま放置すると、口腔内にキズができて痛みが出てくるだけではなく、全身の不調へとつながります。

少しでも入れ歯の不調を感じたら、なるべく早めに受診することをお勧めします。

久米歯科医院では、新たに入れ歯を作られる方はもちろん、他院で入れ歯を作られた患者様にも調整を行い、きちんとフィットする適切な入れ歯をご提供します。

保険で作製できる入れ歯から、違和感が少ない金属床の入れ歯、目立たない入れ歯など患者様の症状に合わせてご希望に沿った治療をいたします。

義歯(入れ歯)の種類

  • ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

    柔軟性のある特殊な歯科用プラスチックを使用した最近の入れ歯です。外から見えない部分に金属を使用することで強度を確保します。

  • 弾性義歯(総入れ歯 )

    弾性義歯は下あごの歯に向いています。硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆うことにより、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮します。

  • 金属床義歯(総入れ歯 )

    歯肉に触れる部分が金属素材で作られた入れ歯です。レジン(プラスチック)よりも薄く作ることができ、金属なので熱が伝わりやすく、食べ物の温度を感じやすいという特徴を持っています。また、違和感もほとんどありません。

自然に見える入れ歯について

自然に見える入れ歯について01

保険適用の部分入れ歯は、お求めやすく経済的ですが、前歯でも留め具(クラスプ)に銀色のバネしか使用できません。バネの全体が、お口を開いた時に見えるので、入れ歯を入れていることがわかりやすいです。

自然に見える入れ歯について02

自費負担の部分入れ歯(ノンクラスプデンチャー)には、金属のバネがないため、見た目が綺麗で入れ歯と気付かれません。水分吸収を抑えたプラスチックの素材で、衛生的です。金属床との併用をおすすめします。

インレー(詰め物 )とクラウン(差し歯、被せ物 )についてて

【久米歯科医院】では入れ歯だけでなく、インレー(詰め物)やクラウン(差し歯、被せ物)に関しましても、患者様のご希望合わせて多種多様にご用意できます。

当院にてご相談ください。

インレー

インレーとは、小さい虫歯などで削った部分を補填するもので、一般的には「詰め物」といった呼ばれ方をしています。

比較的小さな虫歯の場合に使用します。

クラウン

クラウンとは、虫歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「差し歯」や「被せ物」といった呼ばれ方をしています。

比較的小さな虫歯の場合はインレー、詰め物による治療を行いますが、大きな虫歯や根管治療をした後は、詰め物ではなくクラウンによる治療となることが多くなります。

インレー(詰め物 )とクラウン(差し歯、被せ物 )について
  • デンタルケア用品
  • インプラント
  • レーザー治療
  • 院概要/アクセスマップ
  • ご質問/お問い合わせ
  • 久米歯科医院ブログ