診療案内

ホーム > 診療案内 > 歯周病

歯周病

歯周病

「歯周病」は歯そのものを傷める虫歯とはちがい、 歯を支える周りの組織(歯周組織)におこる病気です。

いつのまにか歯を支えている組織をむしばむ歯周病は、かなり病状が進行しないと自覚症状があらわれないことから、治療が手遅れになりがちです。

歯周病の原因としては、細菌、歯周病菌なども挙げられますが、主なものは『プラーク(歯垢:細菌の塊)』です。

その他、偏性嫌気性菌という菌も原因の一つで、この菌は酸素を好まず湿気の多いところを好む菌で、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)内だけでしか生息できない菌です。

歯周病は口臭の原因ともなりますので、歯垢や歯石を取るなどして 口腔環境の改善をする必要があります。

歯周病になるとどうなるの?

歯周病になるとどうなるの?

歯周病になると細菌が原因で引き起こされた炎症によって、歯を支える骨を失っていき、健康な歯が抜け落ちてしまいます。

30~40歳代の80%以上の人が、歯周病にかかっているといわれており、自覚なく静かに進行していく怖い病気です。

歯を建物に例えるなら、地盤がゆるんでくるような感じです。

病状が進行すれば、建物は倒壊してしまいます(歯が抜けてしまいます)。

歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患

最近の研究では、歯周病は歯が抜けてしまうだけでなく、歯周病菌による全身疾患も引き起こします。

特に、心臓と子宮に歯周病菌は影響を与えやすいと報告されており、歯周病の患者様は、歯周病でない方に比べて致命的な心臓発作を起こす危険が約2.8倍、早産の確率が7.5倍高いということも報告されています。

他にも脳卒中や、肺炎、糖尿病などにも関与していることがわかってきています。

当院での治療法

当院での治療法

歯周病の予防と治療のためには、歯に付着した歯石を除去して根面をつるつるにし、歯垢が付着しにくい環境にした上で、プラークコントロール、つまり歯に付着したプラーク(歯垢:細菌の塊)の量を減らすことが必須となります。

当院では、歯と歯ぐきの菌や汚れを綺麗に除去し、歯周病予防に努めます。

予防のためにはもちろん、歯石や歯垢の一時的な除去だけでなく、日々のブラッシングや定期検診が大事になってきますので、スタッフが丁寧にご説明をいたします。

  • デンタルケア用品
  • インプラント
  • レーザー治療
  • 院概要/アクセスマップ
  • ご質問/お問い合わせ
  • 久米歯科医院ブログ