レーザー治療

ホーム > レーザー治療 > レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療

当院では、炭酸ガスレーザー(CO2)を使用したレーザー治療を行っております。

炭酸ガスレーザーの特徴は、そのエネルギーの約90%が水分に吸収されるので、生体組織での吸収率が非常に高く、組織表面でほとんど吸収されてしまい、照射直下や周囲組織への侵襲はほとんどありません。

したがって、熱障害が深部におよぶ危険性が少なく、口腔内のような狭い範囲であってもレーザーの影響の及ぶ範囲が目で確認でき、安全で使いやすいレーザーですので患者様も安心して治療を行っていただけます。

レーザー治療を行う症例

  • 口内炎の治療

    レーザーの波長を調節し照射すれば口内炎の治療も可能です。

    以前まで口内炎の治療は薬で対応していましたが、レーザー治療であれば照射した瞬間から痛みが和らぎ、且つ治りも早くなります。

  • 歯肉が黒くなっている部位(色素沈着)の除去

    メラニン色素で歯肉が黒くなっているところにレーザーを照射し、綺麗な歯肉へと戻すことができます。

  • 腫れている部位の切開、治癒の促進

    メスで切除していた部位もレーザー治療を行えば、メスより綺麗に切除でき治りも早くなります。

    また、麻酔なしで治療ができる場合もございます。

  • 知覚過敏症の症状緩和

    歯の表面に薄い膜ができ穴を塞ぎます。歯の神経を保護するので、痛みやしみることを防ぐことができます。

  • デンタルケア用品
  • インプラント
  • レーザー治療
  • 院概要/アクセスマップ
  • ご質問/お問い合わせ
  • 久米歯科医院ブログ